公共事業における計画デザイン・システム〜美しい国土の創造のために〜 ワークショップ1 030527東京 
HOPE計画 マスターアーキテクト
1 問題の構造
2 建築指導
3 営繕
4 公的住宅
・ HOPE計画
・ MA
5 諸外国

公的住宅

いわゆる「戦後の住宅政策の3本柱」

公営住宅 : 国庫補助により都道府県・市町村が設計施工

  •  都道府県や大きな市は、直営で設計→外注方式に
  •  小さな町村営住宅は、当初から外注
  •  国の役割は、システム作りと補助金交付事務

公団住宅  : 国レベルで技術を指導

  •  当初は最先端の建築家・技術者集団
  •  次第に外注方式に変化
  •  住宅建設から、都市開発への指向

住宅金融公庫 : 融資基準を建築基準法に上乗せして誘導

  •  デザイナーや技術者は不在。経済指向