必要なハード・ソフトの発達とコストダウン→

誰でもどこでも使える環境の到来

まだ存在しない将来像に関するイメージ共有・合意形成→

三次元データの作成・編集・交換の日常化→

ワープロは良い文章を作るためのものではない

様々な機能の自動化・省力化による業務形態の変化→

例えば、「建築指導」の業務の将来像

都市の過去・現在・将来計画の再現

シミュレーションによる見えない階層へのイマジネーションの拡大→