1.景観シミュレーション・システム(統合版:Ver.2.11)

外壁

景観シミュレータ(2.11)ダウンロード(msi形式)

特徴:
1.プラグインDLLとして外壁落下危険性可視化ツール(BERV.DLL)を追加しました。
2.プラグインDLLとして仮想コンバータ(VC-2V.DLL)を追加しました。
3.Windows 8,8.1,10に対応しました
<注意点>
1.Program Files以下へのセットアップがうまくいかない場合があります(設定ファイルkdbms.setの初期設定に失敗)
その場合には、セットアップ先をドライブ直下(例えばc:\@keikan ディレクトリ)に指定して試してみて下さい(90年代のスタイルです)。
2.以前のセットアップが残っている場合には、以下のメッセージが表示される場合があります。
「予期しないエラーが発生しました。  このパッケージは問題がある可能性があります。  エラーコードは2343です。」
 アンインストールを行ってから再度セットアップして下さい。
セットアップの内容は、
(1)各種ファイルの解凍・配置
(2)kdbms.set のHOMEPATH エントリに、セットアップ先を記述すること
(3)環境変数(KSIM_ENV)に、kdbms.setの所在をフルパスで記述すること
(4)拡張子(.geo, .scn)の景観シミュレータ(sim.exe)への関連づけ
の4点です。アンインストールに際しては、@keikan 以下を削除し、環境変数KSIM_ENVを削除します。

  

2.従前の景観シミュレーション・システム(統合版:Ver.2.09)

アチェ

景観シミュレータ(2.09)ダウンロード(msi形式)

特徴:
1.言語別・機能別の各バージョンを統合しました
2.データベースをHD上に持ち、独立したパソコンで動作します
3.Windows VISTA,7,8に対応しました
4.ソースコードと動作原理の解説書を出版しました(研究報告No.42(2011.3.14)
5.2011年3月以降開発した高台整地等の追加プラグイン.dllを一括でセットアップします。
6.画像処理に関してマイナーなデバッグを行いました。
7.Windows8におけるタッチパネルによる操作方法の解説を、メイン画面のヘルプに追加しました。
8.必要なDLLがOSにセットアップされていないか、または一般のアプリからの使用が禁止されたコンピュータ(教育用等)のため、いくつかのDLLを同梱しました。
(これらを景観シミュレータと同じディレクトリに置いて使用します。景観シミュレータをアンインストールすると当時に削除されます。)
9.地形編集プラグイン(land.dll)の最新版を同梱しました。

<注意点>
 Program Files以下へのセットアップがうまくいかない場合があります(設定ファイルkdbms.setの初期設定に失敗)
その場合には、セットアップ先をドライブ直下(例えばc:\@keikan ディレクトリ)に指定して試してみて下さい(90年代のスタイルです)。
セットアップの内容は、
(1)各種ファイルの解凍・配置
(2)kdbms.set のHOMEPATH エントリに、セットアップ先を記述すること
(3)環境変数(KSIM_ENV)に、kdbms.setの所在をフルパスで記述すること
(4)拡張子(.geo, .scn)の景観シミュレータ(sim.exe)への関連づけ
の4点です。アンインストールに際しては、@keikan 以下を削除し、環境変数KSIM_ENVを削除します。

  

3.従前のバージョン2.07(Windows Vista以後)

景観シミュレータ(2.09)ダウンロード(msi形式)

2010年7月に、奥尻島災害復興三次元アーカイブスを閲覧するために使用したヴァージョンです。

景観シミュレータ(2.09)ダウンロード

2010年11月6日土木の日の体験教室に使用した版です。

自己解凍ファイル:COMPACT.EXE サイズ:184,342KB

3.従前のバージョン2.07(WindowsXP以前)

新橋 高松

ビューワ

自己解凍ファイル:VWR.EXE  サイズ:1,058KB
特徴:WEBページにリンクした三次元データを見るためお最小限のシステム。
編集操作を行うと、必要な追加機能をネットワークから取得します

クリエーターズ・キット

自己解凍ファイル:VRNCS.EXE サイズ:2,860KB
特徴:編集機能を全てインストールします。
データベース取得はネットワークにアクセスします。

景観シミュレータ・コンパクト版

自己解凍ファイル:COMPACT.EXE サイズ:76,955KB
特徴:データベースをHD上に持ち、独立したパソコンで動作します

景観シミュレータ・フルセット版

自己解凍ファイル:FULLSET.EXE サイズ:509,789KB
特徴:学習に必要なサンプルデータ等を全てインストールします。

立体視用景観シミュレータ(sims.exe)

実行ファイル:SIMS.EXE  サイズ:1,324 KB
視点間距離などは、コントロール・ファイル EYE_PARAM.SET で調整します。

高速表示用景観シミュレータ(simf.exe)

実行ファイル:SimfF.EXE  サイズ:1,688 KB
画面を右クリックすると、マウス・カーソルのドラッグで高速視点移動ができます。 必要なエリアを選択した上で、景観シミュレータで編集可能なデータ形式に変換します。
ksim/bin のディレクトリにダウンロードします


4.三次元データベース

市街地の現況のバイナリー・データです。 3ddb.exe もダウンロードして、これから開いて下さい。
必要なエリアを選択した上で、景観シミュレータで編集可能なデータ形式に変換します。

(1)新潟
(2)須賀川
(3)防府
(4)広島1, 広島2
(5)前原 (なし,市のGISを使用)
(6)郡山 郡山広域
(7)北九州
(8)田原本
(9)香川1香川2
(10)沼津
(11)飯塚 (なし,市のGISを使用)
(12)富士見
(13)米原
(14)那覇
(15)東京

5.計画案三次元データ

平成13年度に公開した市街地の将来計画案のデータです。
LHA圧縮形式となっています。

(1)新潟
(2)須賀川
(3)防府
(4)広島
(5)前原
(6)郡山
(7)北九州
(8)田原
(9)香川
(10)沼津
(11)飯塚 
(12)富士見
(13)米原
(14)那覇
(15)東京

6.研究資料 No.134 以後の修正結果

国土技術政策総合研究所資料 No.134 添付CD-ROM 以後の修正

(1)@keikan/ksim/bin/sim.exe (1,352バイト)

主な修正点(~040422) :
 ・[表示][シーン選択] でシーンを切り替える際の警告
 ・[様々な形式でのカラー編集] ダイアログでカラーを数値入力した場合
 ・マテリアルの種類が1000以内という制約の除去

(2)トップページの新着情報

(3)以前のダウンロードページ