研究経過

1.研究構想段階(2009)

問題の所在

江戸時代に遡る古民家の調査において、建設年代にかかる「棟札」などの情報は貴重である
特徴:基本的には古代からの「木簡」の一種で、建物の棟木の下側など、保存条件の良い部位に固定されている
アンモニア水等で煤を落とすと、建設年代や建設工事に関わった人名を知ることができる

住宅の寿命が延びているが、付帯情報の保存は怪しい

現在、設計図書などの保存状況は悪い。有名建築物ですら、設計図は紛失していることが多い
特徴:施主は設計図書を保管しない。設計事務所の書庫にも限界がある。
紙の図面等を保管する方法が唯一の手段。

情報の電子化による可能性

電子情報化することにより、紙で表現できない三次元データや動画、音声なども保存が可能となった。
特徴:コンパクトに保存し、NETで転送したり、検索することも可能

長期保存技術の未確立

メディアや記録方式の急激な発達に伴い、僅か10年前のデータでも、有効利用は覚束ない
特徴:例えば、8ミリビデオやフロッピーディスクに保管されたデータを考えて見ると良い。

データセンターに期待されているが

特徴:情報の媒体変換やHDクラッシュに備えたバックアップの煩わしさからは解放される。 これは10年前における理想が実現されていることにはなる。
しかし、データ形式の可読性の問題は残されており、様々な業界で、流通とは別に保存のための形式が決められている。
住宅の設計内容に関する情報の場合、一般にアクセス頻度は低い。サーバーに置くコストや消費電力が問題となる。またWEBアクセス可能な場合、万一流出・不正アクセス等が行われると防犯上のリスクが生じる。さらに、物理的メディアに固定されないデジタル情報の場合には、改ざん・偽造の対策も必要である。


2.第一年度(2010)

各種機関の調査

資料の永久保管を使命としている機関
保存のためのデータ形式を議論しているコンソーシアム等
データセンター、データ変換サービス等

歴史の調査

旧建設省で最も早くからコンピュータを導入し、住宅統計調査などに活用してきた建築研究所を例として、  デジタル・データがどのようなメディア・形式に保管されてきたかを跡付ける。
 併せて、各種技術の将来性に関して、評価を行う。


3.第二年度(2011)

永久保存技術の構成要素として利用可能な要素技術を洗い出します。
概ね15年前には確立・普及しており、今後も持続性が期待できる技術が対象と考えています。

記録媒体に関する事項

FD, MO, CD, HDD, CF, BC

入出力インターフェースに関する事項

IEEE, USB, Ether, ...

記録データ形式関する事項

各種公開3次元データ形式(公開性の評価)
データ形式を記述するスキーマの共通文法


4.第三年度(2012)

コンセプト機を試作します。零細な町工場でも製作可能なオープン・ソース・ハードウェアとします。
各メーカー等にニーズの所在を示し、製品開発を促すことが目的です。

筐体と環境条件

震動・衝撃、生物・化学的条件、温度・湿度・放射線

記憶媒体

記憶を維持するために電力を消費しないこと。容量は、当面100MB程度を想定する。

(1)再生装置に媒体をかけるタイプ
(2)端子接続により電気的に読み出すタイプ
  

出力インターフェース

(1)単純な方式(未来の歴史家にとって解読のしやすい暗号であること。
(2)改ざんや偽造ができないものであること。
(3)高電圧やノイズに対して強靭であること。
(4)各時代の標準的なインターフェースに接続可能な、単純な出力方法を用い、
アダプターを介在させる。

5.とりまとめと発表

 
Last updated : 2011/2/1 15:44:42
NILIM