人々が、集い・楽しみ・活動する『淡海・新都心 まいはら』

米原駅東口周辺地区は、特に交通利便性の高い駅前のあらたなまちづくりとして、琵琶湖東北部地域の広域的な拠点、米原町の新たなまちづくり核としてふさわしい、後世に残る先駆的なまちづくりのモデルとなるような開発を進めていくことが重要です。

 このようなまちづくりを進めるにあたり、特に『賑わいづくり』に軸足をおき、「集い」(福祉系機能、ホテル、住宅系機能、広域行政機能)、「楽しみ」(福祉系機能、近隣商業、淡海ツーリストステーション)、「活動する」(コンテナヤード、ヤンマー・JR総研研究所、テクノメッセmaihara)の実現を目指し、まちづくりを進めてまいります。