建設省版 景観シミュレーションシステム
データ構造説明書

Copyright (C) Ministry of Construction


 第1章 概要

  景観シミュレーションシステムで読み込めるデータは、LSS−S(シーン)ファイルとLSS−G(ジオメトリ)ファイルですが、これらのファイルは、建設省独自のデータフォーマットであるLSSフォーマットとなっています。
このLSSフォーマットには、LSS−S(シーン)とLSS−G(ジオメトリ)の2種類があります。
LSS−Sは、シーンファイルを構築するデータフォーマットで、シーンを表示するための要素の定義をしています。
LSS−Gは、ジオメトリファイルを構築するデータフォーマットで、モデルの形状情報、マテリアルなどを定義しています。
また、マテリアルデータフォーマットもあり、建設省版景観シミュレーションシステムで使用される、マテリアルファイルに使用されています。


前のページへ 次のページへ          ホームへ