景観シミュレータ関連研究ホームページ

provided by Production Research Division, Building Research Institute, JAPAN


本ホームページは次の各研究課題の実施のために運営されています

仮想現実とネットワークを用いたまちづくりのための
コミュニケーション・システムの技術開発(平成13年度) − 国土技術政策総合研究所

地域整備にかかわる諸制度の空間形成に関する
事前評価システムの開発(平成13〜15年度) − 独立行政法人建築研究所


更新情報

(2001.08.08) 全体的に更新。掲示板の試験運用開始。優良景観事例検索をネットスケープにも対応。
(2001.07.10)
3Dコンテンツクリエータ募集」を開始しました。多数の応募をお待ちしております。

過去の更新記録一覧へ

本ホームページの目的

本ホームページは,都市計画の立案過程に多様な意見を取り入れる手法の研究の一環として運営しています。

モデル事業募集のお知らせとアンケート(募集は終了しています)

モデル事業の募集に関するお知らせ および アンケートシート 

応募事業一覧 モデル事業の一覧です。今後,景観シミュレータによる計画案の仮想体験ページやアンケートページが各モデル事業について公開されます(10月1日より順次公開開始)

研究開発

研究開発の内容および計画を紹介しています 研究の内容・実施予定などを公開しています。

リポジトリ&リンク

優良景観事例集

景観シミュレータホームページ

景観要素(「点景」)データ集(準備中)

景観シミュレータダウンロード(以下の2方式からダウンロード可能です)
    1. 従来からのダウンロードページ
    2. 圧縮パッケージ(LZH圧縮による自己解凍型)とCDイメージ(EasyCD CreatorのCIF形式)

掲示板

技術情報交換掲示板 景観シミュレータに関連する,特に技術的な事柄に関しての掲示板です。バグ情報やデータ入力に関するノウハウなど情報交換に活用ください。質問も受け付けています。

募集 3D コンテンツ クリエータ

3次元データのクリエータを募集します。応募要領を以下に示します。

  1. まず,事業全体の目的を確認ください。協力頂いた成果はインターネット上で公開されます。
  2. データ作成のソフトウエアは「景観シミュレータ」に限定しません。応募時に使用ソフトを明記してください。VRML形式での出力が必要条件となります。また,「景観シミュレータ」は本ホームページからダウンロード可能です。
  3. データ作成作業は8月末までを予定しています。公開開始(10月1日)までに修正の期間を設けます。
  4. 納品された成果に関しては,内容を確認の上,規定の報酬を支払います。建築研究資料No.96のpp.121-122ページを算定根拠とします。
  5. 希望者は次の項目を記入の上,電子メールで応募してください。なお,応募は個人のみとします。(印は必須ではありません。)
    【住所】 【氏名】 【メールアドレス】 【使用パソコン】 【OS】 【インターネットの接続方法・速度】 【3Dコンテンツの作成経験の有無 有の場合は使用ソフトウエア】 【過去作品のホームページアドレス】 【その他参考になる情報】
  6. 希望者多数の場合,研究の主旨より,対象事業の地元の方を優先的に採用いたします。

以上です。多数のご応募お待ちしております。


このホームページへのお問い合わせはkeikan2@nilim.go.jpまででお願いします

平成13年8月8日 更新